fc2ブログ

樂画来アハハ!#819「伊藤史隆ABCアナウンサー」






寄席・神戸新開地喜楽館支配人で、「日曜落語なみはや亭」(ABCラジオ・毎週日曜9時~放送)では席亭としてお馴染みの、朝日放送、伊藤史隆アナウンサーを描きまし展♪
 
 今年から開催される、上方落語のニュースター誕生賞レース「神戸新開地・喜楽館アワード2023」(喜楽館・ABCラジオ共催)、午後6時から生放送。個人的に優勝候補は、現在口演中の、「この方」です。


(追記)
 投稿の18時54分ごろ口演は、桂雀太さん「行き倒れ」・・・出場5人中の2番目でした。優勝予想は「桂雀太」さんと、投票したのですが、番組のフォームはどうやら、5組を聴いたうえでの「一般審査投票」だったようですね。
 5人のなかで、桂雀太さんは、正直いって、語り口の好みです。「軽い」「重い」「ちょうどいい」のなかでいうと、「ちょうど良かった」んですね、事前に「なみはや亭」(ABCラジオ)で放送された予選の口演は。で、対抗に爆笑の笑福亭たまさん、人情味の分厚さで惹きつけた笑福亭鉄瓶さんかな、と。もちろん、桂佐ん吉さんと笑福亭風喬さんの安定、円熟も譲りがたいものがありましたが、先の3評価でいうと、「軽」「重」「重」「重」・・・かな、と、これも個人的好み。雀太さんの「ちょうどいい」には、客席を巻き込む爆発力もありましたので、今回一票。

 それにしても、決勝の、笑福亭たまさんの猛追やらずぶったくり「地獄八景」にはビックリしました。昨今の時事ネタ・・・いや、昨日今日までの話題をギリギリまで詰め込んだ、まさに攻める姿勢。ご本人は「悪役に徹した」と語られていたようですが、何の何の。芸歴25年選手がここまでやるんですから、ここに刺激される中堅若手が出現すれば、上方落語、さらに活気づくのではと期待します。雀太さんのああいうトボケ声、絶叫、変具合は、大師匠・桂枝雀師彷彿。うまく説明できませんが、語り口の「濁り方」も自分が慣れ親しんできたソレにピッタリなんですね。漫才やられても上手いだろうなと思います。そのときの相方は、桂二葉さんなんかが波長合いそうな。

 当然ながら予選以上に、伯仲白熱の決勝戦。優勝の行方、投票結果までを、内海英華師の「女道楽」が花を添えました。下座を担当、次代を担うべくの桂米輝・笑福亭呂翔ご両人をイジりながら立体的な「淡海節」と、芸歴45年の生き字引、三代目桂米朝六代目笑福亭松鶴、三代目桂春団治、各師の出囃子をそれぞれ聴かせて、今回の賞レースと上方落語の戦後史をピシッと縦横で結んだ・・・。今回優勝の桂雀太さん曰く、『ホンマの優勝は、内海英華師匠です』が、全体を和やかにまとめましたね。おめでたい落語大会でした。
 

 ・・・過去の作品リンク一覧に繋がります。 


 過去の作品リンク一覧に繋がります。 
樂画来アハハ!800番台

 
 


・・・また、ぼちぼち、イラストも掲載していきます。よろしければ、記事最下部の赤い、『拍手』をポチッとお願いします。老眼に負けじの、励みになります。次回の「樂画来アハハ!」もぜひ、ごらんください!



PR/やさしく温かな似顔絵描かせていただきます。
    名刺交換、季節の挨拶。似顔絵はお相手との距離を縮めますよ


 ※イラスト・文章の無断転載お断りしております。転載使用、似顔絵のご依頼などはコメント欄、もしくは、メールフォームから「管理人:すみの」までお気軽にどうぞ。お待ちしておりますm(__)m


「樂画来亭」へのイラストなどのご依頼ご要望をお待ちしております!





スポンサーサイト



tag : 伊藤史隆桂雀太笑福亭たま笑福亭鉄瓶桂佐ん吉笑福亭風喬内海英華笑福亭松鶴桂米朝桂春団治

2023-12-03 18:54 : 落書きショウ/諸芸編 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

すみの@樂画来亭

Author:すみの@樂画来亭
演芸作家たまに画描き


イラストなどのご依頼ご要望、お問合せ


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR